sheeplore

Live

Work

Store

About

"(The Locked)Room"

「(The Locked)Room」

01. Rabbit Hole
02. Shangri-la
03. The City And Its Tower


歌詞ページ

Price ¥450-(Tax in)
2016.11.17 Release.
配信限定販売

【DLコード入力】

COMMENTS

"(The Locked)Room"にコメントを寄せていただきました。
順不同・敬称略


永井健一

画家・イラストレーター


部屋に反響する美しい波動は プリズムを通過する光のように めまぐるしく室内の色を変えていく。 閉塞と解放の危うい関係を歌うsheeploreに 他では類を見ない色気を感じた。



堀井 拓馬

小説家


同じテーマによって束ねられたこの三篇は、その『鍵のかかった部屋』というイメージを、それぞれが精緻に体現している。 耳から流れこんで、脳に投影されたイメージは、、 嵐の日に、世界が灰色の底に沈んでしまったその光景を、ガラス一枚隔てた向こうに、眺めるときのあの感じ。 歌詞の印象は一聴してとても耽美なものであるのに、想起する場面は、なぜだか身近で日常的だ。 いやに明るい雲。 窓を叩く雨音は激しく、不思議と遠い。 部屋を満たすこの淡い矛盾には、どう名前をつけたらいいだろう? 安堵と閉塞。 気だるさと愛しさ。 あるいは、まぶしさと、薄い暗がり。 『前向きな退廃』とはおかしな物言いだけれども、この「(The Locked)Room」という物語に副題を付けるとするならば、ぜひともそのフレーズをあてがいたい。 なにがいいたいのかわからない? ようするに、まったくもって、けしからん、実に腹立たしいほどの、シャレ感である、ということなのである! ああ、、まったく心地良いじゃないか、この部屋は。



髭野 純

『太陽を掴め』映画プロデューサー


透き通った歌声、エモーショナルなサウンド。映画の物語のように綴られる三篇の楽曲は、心地よい世界へ誘ってくれます。



ごとう ゆりか

画家、イラストレーター、アートディレクター、スタイリスト


いつかの震災のフラッシュバック 津波の様に音にのまれる声を魅た 言葉の意義は惰性なのかと再考させられながら否応なく流れる融合体は『無作為』とゆう言葉が適合せざるを得ないかと 音に寄り添う姿が言葉ではない存在で生まれている奇妙な混合体は無作為に生まれ逝くのだろうか? 再考。させられました 線引きの羊が秒針以下を刻みます 異常な儚いこの創作体は何を求め何を感じるのだろうか 君が描いた景色は存在は呼吸を始めた これがごとうゆりかの間奏です



稲村光男

BOOKS&GALLERYcafe点滴堂


蒸留されたような純粋さに、ドキドキしてしまう♪ もうずいぶん長いあいだ目をそらしてたまばゆい光に、クラクラしてしまう。そんな音楽…☆



岡部 考一郎

作家/LECULIO


3曲を通じて透き通ったサウンドとボーカルの天使のような歌声が非常に心地よい。しかしながらサウンドの厚みと計算された深みで聞いた後に広がる想像以上の充実感はColdplay を彷彿とさせる。これからフライトなのでちょうど空港にいるのですが、ガラス張りの大きな空間にサウンドが同調しています。



ミズシマケント

明日フェス / Spincoaster


前作よりも冷たくブルーな美しさを放っている轟音オルタナティブ。 3曲、約15分。まっ暗な海底。独り答えを探して続けているいるような作品。 まっ白なパレットに少し少しと感情という色がついていく。 息が苦しくなってきたので、慌てて出した答えは、 いつもよりも強気で自由な答えになった気がする。



藤林 美保

乙女屋


悲しみの記憶から生まれる祈りのような音楽。 けれども、悲壮感はなく、希望の光を感じさせる強さがある。



ムラタエリコ

写真家


心が震えるほどワクワクした。 わたしはこの音楽とともにどこへ行くのだろう!か、と。 映画を見た後のような気持ちが曲を聴いている間、ずっと心にある。  アルバイトを終えて、家に帰り、パソコンを開く。届いたデータをダウンロードし、その間にコートのポケットから絡まったイヤホンを取り出す。そういうなんてことのないわたしたちの生活に混ざり合うように、音楽が出来上がっている。  sheeploreは生活の奥の奥の方にある手の届かないと思っていた神秘みたいなものを形にしてしまったのかもしれない。 sheeploreはわたしたちをどこへ連れて行ってくれるのだろうか。 いや!どこにたどり着かなくてもいい。わたしはこの電車に乗っていたい! こりゃあ、とんでもなくすてきなものに出会っちゃったみたいだ!


「シュトラスブールの雨傘」

01. Talkinghead
02. 神の庭
03. 教会と白い朝
04. Apart of your world
05. rainy rainy
06. Melancholia
07. 真昼の月
08. Talk to
09. 最後の物たちの国で
10. 美しい時間

Price ¥2,000-(Tax in)
2016.07.06 Release.


LIVE

詳細はJAMFES2017 HPでお願いします
ADV/ ¥2,000 OPEN/START --:--/--:--

w / 白鳥の下で / 羊文学 / 雨鳥
ADV/ ¥2,000 OPEN/START 18:30/19:00

w / feuille / 裸体のシルエット / リリカリリス / borderline case
ADV/ ¥2,000 OPEN/START --:--/--:--

w / junebouvier / bask in the deep / Day on Umbrella / 水の中で雨中
ADV/ ¥2,500 OPEN/START 18:00/18:30

Name

Mail

 

sheeplore公式LINEでライブの予約が簡単に出来ます。

出演依頼オファー等のお問い合わせは sheeplore@gmail.com までご連絡ください。



WORK

2016MZ

2016AL

2015

"(The Locked)Room"

"Room"

"Talk"

2014

2013

"生活の海"

"Arfevance"


"Room"

「Show "Room"」

Set List
01.Talkinghead
02.Apart of your world
03.最後の物たちの国で
04.美しい時間


"Talk"


"生活の海"



"Arfevance"



STORE

2nd Album
「シュトラスブールの雨傘」

01. Talkinghead
02. 神の庭
03. 教会と白い朝
04. Apart of your world
05. rainy rainy
06. Melancholia
07. 真昼の月
08. Talk to
09. 最後の物たちの国で
10. 美しい時間

Price ¥2,000-(Tax in)
2016.07.06 Release.

1st Album
「アルフェヴァンスの窓」

01. 夜の窓
02. wonderful world
03. arfe
04. 海に降る雪
05. 樹海
06. 黒い夢
07. サティ

Price ¥1,500-(Tax in)
2013.10.17 Release.

「Apart of your wolrd Tote」


Price ¥1,500-(Tax in)
2016.07.06 Release.

「Talk To Tote」


2015.03.28 Release.
sold out!

「夜の窓T-Shirt」

size:S M L XL
color: White

2013.10.17 Release.
sold out!


宛名

Email

〒 

住所

Message

■送料&手数料 一律¥300円
■お支払いは銀行振り込みになります。


ABOUT

sheeplore
Emiru Miura [Vo,Gt]  / /
Waka Kawai [Gt] 
Takumi Izawa [Ba] 





All Songs Written by Emiru Miura
Sound Produced by sheeplore



出演依頼オファー等のお問い合わせは sheeplore@gmail.com までご連絡ください。










 copyright (C) sheeplore All right reserved.